前へ
次へ

税理士法とは税理士の制度を定める法律です

税理士法とは、税理士の使命・職務であったり、税理士会・税理士連合会の制度などを定めます。無資格で税務書類を作成した場合この税理士法で罰せられます。実はこの「無資格」で税理士法を犯してしまう、これはちょっと経理に詳しい方だとうっかりありがちなことなのです。「会社の上司に頼まれて会社の決算手続きと申告書類を作成。」これはOKです。会社に雇用されている者が雇用されている者の頼みで行った手続きなので、これは法人の業務として可能です。「友人に頼まれて申告書類を作成。お礼に食事を奢ってもらった」こちらはNGです。雇用されているわけではない方からの頼みで「税理士しかしてはいけない業務」を行い、食事という報酬を受け取ってしまったからです。自分のスキルが友人の役に立てるというのは喜ばしいことですが、「知識がいること」には結構「資格」の権利がついてくることがあります。スキルは実行の可否を把握してこそ生きるものなのかもしれません。

top用置換

top用置換2
Page Top